みにッキ

兎本幸子の日々徒然活動日記。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 病院にて | main | ショック… >>

珍客

こないだのこと。
朝起きると窓に変な影が…


表に回ってみる…

ん?


もしやきみは!?
コウモリ!


バーーーン!


耳が立派ですね。




ダンナが、”きっと夜になったらご飯を食べに飛んでいくよ。”
というのでそっとしておくことに。
(後で調べたところ、コウモリは保護動物なので、さわってもいけないそうです)

しかし夜帰ってきてもまだいる!
次の日もその次の日も、ちょっと手足の位置は変わってるけど、基本そこにいる。
ご飯を食べても、モンハン(ゲーム)をしててもコウモリシルエットがそこに…
(あの人もう3日ぐらいご飯食べてない…)

なんだかこのままじゃ死んじゃうんじゃなかろうか。
ダンナが”コウモリを保護しちゃったら”で検索していろいろ買ってくる。



どれだけやる気満々なんだ!




その日は私の方が先に帰宅したので、”一刻も早く!”の気持ちで
お菓子の空き箱でコウモリルームをセッティング。



野生の動物なので、変な病気を持っている恐れもあり、犬や私にうつると怖いので厳重な装備で捕獲に挑みます。



羽が薄っぺらくてどうなってるのかよく分からなくてすごく怖い。
だけど今まで動いた気配がなかったコウモリが”いや〜ん”と抵抗する。
よかった、こいつ生きてた。

無理矢理箱におさめる。せっかくなのでホカロンの上に寝たまえ。ぎゅう〜



ダンナが買ってきた小動物用のミルク1回分を10ccのお湯で溶かし、
注射器で吸い、与える。



1滴で口の中があっぷあっぷに…
のこりの9ccはまるのおなかの中へ。


とにかく飲ませてやった。



さて、出来ることは多分出来た。変な病気が怖いので、玄関にいていただくことに。
”これ、2時間おきとかにあげるとそれっぽいのかなぁ”なんて考えながら
モンハン(ゲーム)をやっていると、まるが玄関に向かって吠える。

”お、ダンナが帰ってきたのかしら。コウモリ見せなきゃ”
と、玄関に行くと、ダンナではなく箱がガサガサ言っている。
コウモリに動きが!というか、なんで箱の出口が分かるんだきみは!



”もう夜だし活動時間だろうから、放しても大丈夫かしら”と、
玄関を開けて箱を開ける




まったく元気にかっこよく、夜の住宅地に滑空していきました。
おお、良かった。野生動物って強いなぁ。
ダンナは結局保護活動に参加できなくてがっかり。


この残された小動物セットどうするんだろう〜




以下補足ですが、コウモリはほんとはさわってもいけません。
上記リンク先からの抜粋です。
-
日本に住むコウモリ類は、全て鳥獣保護法の対象で、許可無く捕まえたり殺したり飼ったりすることが禁止されています。手でつかむことでさえ、許可が必要です。
-
今回、月曜日になったら市役所に相談するつもりで一時保護しました。
相談するまでに出てっちゃったのでアレなんですが。

ですので、かわいくてもむやみにさわったり飼ったりしないで下さいね。
お役所に相談してくださいね。
動物 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コウモリ、ガブッー!とか血を吸われませんでしたか?
角の生えたワンコに「ドアあけろ」命令されたり
ドクターモローの島状態、楽しそうですね。
Think ITから寄ってみた人2009 | 2009/01/01 12:02 PM
こんにちは。Think ITの記事から来てくださったんですね。
どうもありがとうございます。

コウモリは血を吸われる事を期待(?)してたんですが、どうもこのタイプは虫しか食べないみたいなんです。
残念です。

犬もいろいろ要求してきます。
ドクターモローというか、ドリトル先生というか…(笑)。

どうぞまた遊びに来て下さいね!
兎本幸子 | 2009/01/02 6:42 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック

Twitterボタン
PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK